【プロフィール】

✴︎意識変革セラピスト・コーチ✴︎
名前:Rie  

年齢:アラフィフ
場所:サロンは東京世田谷(駅から徒歩5分)

【生まれてから】

生まれて間もなく、ひどい左股関節脱臼が見つかり、お医者様からは『この子はびっこになるでしょう』と言われたそうです。

幸いびっこは免れましたが、小さい頃から病弱で、自家中毒でよく吐く子供でした。

 

 

成長しても、ひどい貧血で鉄分注射を打つこともありました。側湾症もありました。

成人になっても、十二指腸潰瘍、腸ポリープ、、、毎年、胃や腸の内視鏡検査。検査すればポリープが見つかる、そんな状態でした。

結婚して妊娠するも、最初の子供は切迫早産で入院し、ウテメリンというホルモン剤を24時間45日間も点滴。

不安と恐れと戦う入院でした。

第2子出産直後は盲腸になり、手術するも想像を超えた悪化で長時間の手術になりました。

 

 

呼吸すら上手く出来ない、、、気づくと呼吸を止めている。

次は何が起こるのだろうとびくびく生きていました。

 

 

30代、子供達が小さい頃、夫の転勤でアメリカに引っ越すことになりました。

留学の経験もなく、英語もろくにしゃべれず、知り合いもいない。。。アメリカの田舎だったので日本人がとても少ない場所でした。

身体が弱かった上に、心もすっごく弱くて、30代の私は色んなことがギリギリでした。

 

 

『心はどうやったら強くなるんだろう・・・』

 

『健康な人と私は、何が違うんだろう・・・』

『生きる意味って、何なんだろう・・・


いつもそんなことを思っていました。

 

 

アメリカでのある日の内視鏡腸検査では、

ポリープが『more than 50..』と言われるほど腸が荒れていて、、、

先生たちもお手上げ状態だったこともあります。

子供の頃からの視力低下は止まらず、とうとう白内障になってしまいました。

だんだんメガネやコンタクトでも矯正が出来なくなって、人工の水晶体を入れる手術をせざるをえませんでした。

車社会のアメリカで、免許の更新に影響が出ると生活出来なくなってしまいます。

覚悟を決めての白内障手術でした。手術室での恐怖は、未だに覚えています。

 

 

数年アメリカに滞在し、2011年に帰国。
帰国後に出会ったレムリアン・ヒーリング®によって、私の人生は大きく変わっていきました。

身体がどんどん健康に、そして心まで強くなっていったんです。

驚きの連続でした。

私はスピリチュアルな世界を知って、宇宙の法則を知り、出来事の捉え方が変わり、インナーチャイルドが癒されていき、それまで縛りつけていた考えから   ”Unleash=解放” されていきました。

 

 

すると同じ景色なのに、それまでと違って明るく見える。

心が穏やかになっていくにつれ、生きる力がムクムクと湧き出てくる。

人生に対する印象が随分と変わってきて、人生楽しんでいいんだと心から思えるようになりました。

 

【わたしと、スピリチュアルな学び】

ある日ぼんやりテレビを見ていると 夢をかなえるゾウ というドラマが始まりました。

ついていない人生をぼやく主人公に、自称神様の ガネーシャ" が『人生楽しんでってな。せっかく生まれて来たんだから」と言います。

 

『楽しんでいいと言われても一体どうやって??』と、あの頃の私は問い続けていました。

 

 

<幼少期>

私は、小さい頃 町内の公害 と呼ばれてしまうほど泣き虫で、ヒステリックに母親とぶつかる子でした。

今の私の知り合いからは「とても信じられない!」と驚かれますが、当時はどうしようもない不安や怒りがあって、母との喧嘩という形で爆発していました。

のちに(2014年)、その原因が分かります。"神様との約束" を見て、どっか〜んと気づきを得ました。
映画”神様との約束”は、過去生や中間生のことをはっきり覚えている子供達のドキュメンタリー映画です。

この映画をきっかけに、私はまだ神様と一緒に居た頃、母を幸せにしたくて、神様に『このお母さんがいい!』と言って母の子供として産まれてきたのを思い出しました。

母の笑顔を沢山見たくて、母を幸せにしたくて。

でも、私が産まれても、母は義理母(私の祖母)との辛い生活や、父との喧嘩、下の妹達は年子で手がかかる、、、、そんな日々で、母は幸せになるどころかちっとも幸せそうでない、、、
私なんて
産まれて来なければ良かった、、、と勘違いし、その思いがヒステリックな状況で現れたのでした。

詳しくはブログにも書きました→こちら

 

 

学校では、友達はいるけど親友はいない、自分の意見をきちんと言えない、周りを観察して自分を押さえて上手く立ち回る、そんな子供でした。

そんな小さな私がいつも思っていたのは「人は何の為に生まれて来るんだろう?」ということでした。
人生は、不安や辛さ、悲しいこと、傷つくことの連続で、我慢しなければならないことばっかり。
その先にもしも幸せが待っているとしても、死んでしまったら何も残らないから意味がないじゃない!とずっと疑問だったのです。。。

 

 

<大人になって>

大人になった私は、結婚して二人の子供に恵まれました。

普通に家庭の主婦として生きていくのだろうそう思いつつも、人生の答え探しは続けていました。

その中で、もともと見えない世界に大変興味のあった私が、

江原啓之さんや美輪明弘さんのテレビ番組『オーラの泉』を通して、どんどんとスピリチュアルの世界に魅了されていきました。
お二人が、ゲストの悩みをスピリチュアルに解消する姿に心奪われました。

その番組などを通して、少しずつ「全ての経験には意味があり、ヒントは自分のそばにあること」「『偶然』と思えることも、実はすべて『必然』なんだ」ということを、知っていったのでした。

 

 

<アメリカに>

さらに、2006年には主人の転職で  ”たまたま”  カリフォルニアのモントレーという、アメリカでは有名なスピリチュアルスポットに隣接した街に引越しすることになりました。

すぐに家族で 癒しの聖地 と呼ばれる セドナ を旅行したのですが、雄大な自然の中に身を置いて、赤土の山の上からぼーっと夕日が落ちる様子を見ていると「命の偉大さを感じ、そして宇宙やこの大きな自然のエネルギーに守られている」という不思議な感覚になったのです。
そして、ここに来るべきだったと直感的に分かりました。
この頃から、直感という感覚が鋭くなっていきました。

 

 

<学び>

 神との対話 という本に出会います。
人生がうまくいっていなかった著者が、神様にあてて怒りの手紙を書くのです。すると、自動書記(自然と手が動き書いていく)を通して神様から答えをもらい、どんどん対話していくというものです。
この本は、「私の人生を変えた!」と言ってもいいほど、衝撃的な出会いでした。

神様と対話しちゃうってこと自体にびっくり!でもその話を全く疑わない自分がいたのです。

それに「神様ってユーモアがあって、友達みたいに考えていいんだ。へ~すごい~」と。

「思考は純粋なエネルギーで、考えること全てが創造に繋がる」こと、「思考なんて外から見えないから大丈夫」なんて思ったら大間違いなんだってことを気付かされました。

ほんのちょっとの思考でも、目の前に現れる現実が変わってくることを学びました。
そして現実は、心の内側が、まるで鏡のように外側に現れているだけなんだと知りました。

他にも沢山の気付きをもたらしてくれて、私の本は赤線だらけです(笑

 

 

<心とつながる>

セドナで自分を見直し、神との対話を読みこんでいくうちに、自然と 瞑想 をするようになり、自分の内側、心の深い所とだんだん繋がっていく感覚が生まれてきました。

少しずつ心に余裕ができて、穏やかになってきたと感じだしたら、不思議なことに子ども達が穏やかになってきたのです!

私が大声を張上げて怒ることはなくなり、同時に子どもたちもぐずったり、言うことをきかないことがぐっと減りました。

一度起こせばきちんと起きてくれ、早起きできるし、勉強しなさいなんて言わなくてもしっかり勉強している。人生に前向きだな~っと感心することまで

最近では、成長した子どもたちに「こんなことがあったんだけど、あなたはどう思う?」なんてこちらの相談をしてみることまであります。

そう、私自身が変わることで、周りも、そして人間関係や人生も上手く運んでくれるのだ、ということを体感したのです。

 

 

瞑想を深める中、小さい頃のヒステリックな反応の原因の一つに、愛情を上手く受け取れない過去生からの流れがあったのだと思い至りました。

『暖かい』ことを理解するためには『寒い』ことを経験しないとわからないように、『愛情を上手く受け取れない寂しさ』を経験することは、『愛情を受け取る』ことの喜びや大切さを実感するために、どうしても必要な経験だったのです。

『経験すること全てに意味があって、全てシナリオ通りである』ことを、身をもって感じた瞬間でした。

 

 

2011年にアメリカから帰国した頃から、自分が変化するスピードがどんどん加速していきました。

まず、冷え性を改善しようと、軽い気持ちで レイキ(手当て)” を習いに行きました。

人間って自分が思っているよりはるかにすごい力を持っているんだと、感動。

”ファミリーレイキ講座” を開催できる資格まで取りました。

そこで始めて "遠隔" という技術を学びました。

直接顔を合わせなくてもエネルギーを送ることができるのです。どんなに遠いところでも、きちんとヒーリングできている不思議な体験でした。

 


2011年のある時、自分の意識がわーっと広がっていく不思議な体験をします。
どこまでも安心で、どこまでも心地よく、気持ちいい感覚がブワ〜ッと広がっていきました。
自分というのは肉体だけでなく、肉体を超えて(魂は)実はとても大きなものだという、驚くべき体験でした。

 

続いて、知人の紹介でレムリアンヒーリングに出会います。
それは運命的な出会いでした。
レムリアンヒーリングに感動した私は、気づいたらプラクティショナー養成講座に申し込んでいました。

古代の叡智につながる、非常にパワフルなヒーリング。

レムリアンヒーリング仲間達とたびたび練習会をして、癒しが加速していきました。
不思議なことに「何かをしよう」と決心すると、必要な人やものに巡り会ったり、”シンクロ(偶然の必然)”が多く起こったりということが、よく起きるようになりました。

私の人生はみるみる大変化大変容していきました。

 

 

心のありようが変わっていく経験は、体験してみると本当に楽しいものです。

周りの環境は何も変わっていなくても、景色がまるで違って見えてくるのです。

ヒステリックだった私が、今では「明るく朗らかな人ね」と言われるまでに変わりました。

自分のことが好きになれなかったのに、今では自分自身をとても愛おしく思います。

”幸せにはなれない”、いや ”幸せになんてなってはいけない” と思いこんでいたのに、"私も幸せになってもいいんだ" と思うと、だんだん心が穏やかに落ち着いてきました。

そして心が健全になっていくと、病気がちだった私の体も、どんどん健康になっていきました。

人生は苦しいものだと信じていたのに、今では人生は学んで経験してそして幸せになることだと心から信じられるのです。

 

 

2014年にレムリアの聖地ハワイにて、レムリアンヒーリング®の10期ティーチャーとなりました。

 

 

 

 

 <パートナーシップや家族、気付き>

レムリアンヒーリングに出会って、どんどん癒されていき、物の見方が変わっていきました。

恋愛結婚したものの、子供が産まれるあたりから、夫婦の関係はどんどん崩れていきました。
子供が生まれて、私のインナーチャイルドが騒ぎ出したことで、私は、罪悪感と劣等感で自分を責め続けていたのです。

夫婦の関係が上手くいかなくなったのは、結局のところ、私は夫とのパートナーシップという前に、”自分”とそして”本質である自分自身(本当の自分自身)”とのパートナーシップがうまくいっていなかった。。。。と気づきました。

 

 

自分の内側が外側の現象となって現れるということの、究極の姿を体験しました。

長く出口もわからない暗いトンネルの中にいたからこそ、反対側の光の部分にたどり着けました。

自分が癒されていくと、自分と、そして本質である自分自身との関係がどんどん良くなっていき、今では、夫のことが出会った頃よりももっと大好きな存在に変わりました。

 

そう、それは自分自身のことが大好きになっていったからですね。

癒されるに従って、私は起きる出来事を”愛”の目で見るようになりました。

物事の解釈が変わっていきました。

身近な家族がどうやって私に気付きを与えているのか、すごく分かるようになりました。

そこが理解できるようになると、”愛”しかないということも理解できるようになっていきました。

宇宙の真理を追究するのがたまらなく好きな私は、自分の人生のすべてを使って、進化しているんだなと感じます。

そう考えると、人生すべて最適なんですよね。人生って深いですね!

 

 

<シンガポール>

2014年から2年ほどシンガポールへ。
世界各国から人々が集まる、小さな国。龍が舞い、エネルギーが底から噴き出しているシンガポール。

出会いに恵まれ、スピリチュアルな学びがどんどん深まった2年でした。
長男がシンガポールからアメリカのボーディングスクールへと入学し、14歳でアメリカへ。
想像していたよりも大分早く、子離れしなければなりませんでした。
当初は寂しく感じていましたが、たくましく育っている姿を見る度に、これで良かったんだなと感じています。



<スピリチュアルは科学である>

日本に戻り、知人からサアラさんを紹介され、半年間、サアラさんから”宇宙の叡智”や”スピリチュアルは全て『科学』で説明できるのだ”
”むしろ科学で証明できないなんてありえない”ということを学びました。
サアラさんが伝えてくれるティーチャー(マスターイエス)の教えは、私の霊的探求を格段に押し上げてくれました。
自分自身が創造主であること、そして最高の人生を創造できること、宇宙の進化に貢献することなど、多くのことを学びました。
クラスでのマスターイエスのフルトランスチャネリングで伝えられる言葉の数々は、私の細胞を震わせ喜ばせ、今肉体を持って生きていることに感謝が溢れて止まりませんでした。


 <ハワイ>

2017年夏、レムリアの聖地、ハワイ・オアフ島ホノルルへと引っ越しました。

ハワイに渡ってすぐ、とても恐ろしい体験をしました。
それは、自分の内側が本当に自分の現実を作っているんだと、深く深く理解させられたことでした。

そしてその後不思議なことが次々展開され、振り返ると何も起きていないようなことになるという。。。
何よりも、この体験をしているときに、もう一人の自分(本当の自分、真我)を感じるという、一瞥体験(悟り体験)をしました。
初めから、そんなすごいレッスンで始まったハワイ生活。
『目醒め』を決めた”私”という者にとって、なかなか激しいレッスンでしたが、
それもこれも自分という存在が仕組んだということも、今でははっきり理解できます。

 

ハワイの1年は、意識オタクに拍車がかかり♡私を更に大きく大きく成長させてくれました。

大好きな宇宙がもっと近くなった感覚もあるし、この世界のカラクリを深く理解できた時間でもあったし、可能性という枠が大きく広がりました。

レムリアのエネルギーが濃く、パワフルな大自然に抱かれながら、ひたすら自分と向き合い、手放し、内側を調和させていくことをしていきました。
外側の世界で起きることは、自分の内側の世界の投影。ならば、これからも自分自身の内側の調和をどこまでも追求していきます。

『目醒める』ということに、真剣に、本格的に、徹底的に取り組む日々でした。

 

<東京>

2018年夏、東京へ引っ越し、活動の拠点が東京になりました。
これから2020年の区切りに向かって(大きく開いていたゲートが閉まると言われています)、
自分自身の目醒めのプロセスを加速し、ご縁をいただいた方々の目醒めを手伝って、
この人生で経験したことの無いような素晴らしい人生へとシフトして行きたいと思います。
どれだけ目醒めたかは、目の前に展開される現実が教えてくれます。
そしてハートが軽くなって行くことが、体感
として分かるようになります。
私は、今、それを面白いほどに経験しています。

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

✴︎意識変革セラピスト・コーチ✴︎Rie

【資格他】

レイキ                       レベル1・2・3・アチューメントディグリー・ファミリーレイキ終了

レムリアン・ヒーリング®    認定上級プラクティショナー、

              マスターコースレベル1終了

              ティーチャー資格(プラクティショナー養成講座、マスターコースレベル1講座)

レムリアン・カード     セラピスト認定・ティーチャー資格

マインドブロックバスター® 認定プラクティショナー

Doreen Virtue公認              認定エンジェルカードリーダー

れー夢。式曼荼羅アート   基礎、応用、発展コース終了

サイキックプロテクション  高次元版サイキックプロテクション®講座修了

フラワーレメディ      東京スクールオブホメオパシーフラワーレメディ講座

キネシオロジー      Health Support Kinesiology Navigation Course
アットゾーン       認定プラクティショナー

その他          オーリング,  JSP School(サアラさんによる『ジーザスによる神秘の教え』)、トランスフォームマネジメントオンライン講座他

 

【その他】

 

Facebookは→こちら☆
ラインアット は→こちら☆(ID=@pxt6116l)

2017年6月までのブログ
は→こちら☆



 


 

earth-TV(インターネットTV)出演時の動画

(earth-TVとは、悟りや目覚め、スピリチュアルな情報発信を行っているネットTVです)

2017年2月『マザーアースと繋がって宇宙の波にスイスイ乗ろう!』
クレア☆ゆきさんと
https://youtu.be/W7uuNzZDp64

 

 

2014年12月に出演。人生を変えたレムリアンヒーリング。ヒーラーになったいきさつ等。(音声がお聞き苦しく申し訳ありません。決して大声で話していたつもりはないのですが、音声が割れてしまいました。。。)

2015年4月に出演。ヨーロッパ旅行で訪れた、モンサンミッシェルやメダイユ教会のお話し。地球ひろしさんから受けた地球ヒーリングで見た不思議なヴィジョン等。